サラダ館について

サラダ館の様子

自然と土、農業とのふれあいの場です

帯広の森に誕生した帯広市都市農村交流センターは、自然と土、農業とのふれあいの場として、「地域資源整備活用農業構造改善事業」及び「構造政策推進モデル集落整備事業」を導入し、総事業費4億5千万円により、平成4年度に開設しました。農園には、市民への貸付農園、子どもたちの学童農園、温室、ふれあい広場、管理棟「サラダ館」があり、サラダ館には、農産加工室、工芸加工室、研修室のほか、地場農畜産物をメニューに取り入れたレストランもあります。

また、6月中旬から10月最終週までの毎週日曜日には、ふれあい広場において「おはよう朝市」が開催され、地元の農家の方等が、採れたての新鮮野菜を持ち寄って自ら販売しており、生産者と消費者の交流の場としても活用されています。

 

近くには「もりの山」があります

高さ17メートル、頂上の標高は95メートルの築山からの眺めをぜひお楽しみください。展望広場からは、市街地や日高山脈などが眺望できます。日暮れ後は展望広場までの階段をライトアップするので、夜景も楽しめます。子ども連れのご家族や近隣の住民の方の散歩コースとして親しまれている場所です。

帯広市都市農村交流センター(サラダ館)